破産宣告の方法とは?~破産宣告の正しい知識と失敗しないコツ~

破産宣告の方法とは?~破産宣告の正しい知識と失敗しないコツ~

破産宣告の方法とは?~破産宣告の正しい知識と失敗しないコツ~

返済能力を超えてしまう借金を抱えてしまったときや、何らかの事情で借金の返済を継続することができなくなってしまったときに使える債務整理の手段として破産宣告を受けるといった方法があります。前述したような状況に陥ってしまった場合、その状況のまま何も手を打たずに放置したままでいると、絶え間ない取立てや催促を受けることになり生活に大きな支障がでることになります。そのため、国ではどうしても借金を返済できなくなってしまった人を救済するための方法として自己破産をすることを認めています。
自己破産では、それをすることによってすべての借金が帳消しになりますが、その前の段階として破産宣告を受けなくてはなりません。破産宣告は裁判所が申し立てを認めることでその後の取立てや催促がストップされることになります。
破産宣告を受ける方法はまず、現時点で住んでいる住所地にある地方裁判所に対して破産宣告の申し立てをすることになります。次の段階として1~2ヶ月後に裁判所から呼出され裁判官から申し立ての内容に関しての質問を受けることになります。そこで申し立ての内容に免責不許可事由などがなければ破産宣告を受けることになり、破産手続きが開始されます。
ただし、破産宣告を受けただけでは借金が帳消しになるのではなく、あくまでも取立てや催促がストップするに過ぎないということに注意が必要となります。自己破産をするにはさらに免責という手続きが必要になってくるのです。