破産宣告のメリットとデメリットをしっかり把握することは大切です!

破産宣告のメリットとデメリットをしっかり把握することは大切です!

破産宣告のメリットとデメリットをしっかり把握することは大切です!

債務の返済が不可能のなったさいに行われる法的な処理として破産があります。これは法人が行うものと個人が行うものがありますが、個人が行う場合には自己破産と呼ばれます。
自己破産をするには裁判所に申し立てるところから始まります。このさいに申し立てや手続きは個人が行うことも可能ですが、多くは法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。この場合、弁護士であれば手続きのすべてを代理で行ってくれますが、司法書士の場合には書類の提出や債権者との交渉などは債務者が行う必要があります。
個人で破産手続きを行うのであれば費用を最小限に抑えることができ、それほど掛かりませんが、手続きに手間取るデメリットがあります。しかし弁護士や司法書士に依頼した場合には高額の費用を支払わなければならないデメリットがあります。
なお、財産がまったくない状態と裁判所が認めると同時廃止という形で短期間で破産宣告を受けることになります。一方で弁済に充てられる財産を有している場合には破産管財人によって財産の没収が行われ、そのあとに破産宣告が行われます。
破産宣告を受けるメリットは、一定の財産を失う代わりにすべての債務が免除される点ですが、デメリットも多くあります。デメリとのひとつは、官報に氏名と住所が載ることです。また破産者は特定の職業に付けませんし、一部の公的な資格が停止されます。さらに居住地を変える場合には裁判所に届け出を行う必要があります。